Project ANIMA持ち込み会を通して見えてきた課題

Project ANIMA総合プロデューサーの上町裕介(かみまちゆうすけ)です

先日開催された渋谷での第一回持ち込み会、そして代アニ福岡での持ち込み会には多くの作家様にご参加いただきまして誠にありがとうございました。

お持込いただいた作品のクオリティも非常に高く、そんな着眼点があったのか!と驚かされるばかりでございます。

さて、そんな持ち込み会ですが、今後作品をブラッシュアップしていくにあたっての課題も見えてまいりましたのでここでお話できればと思います。

Project ANIMA持ち込み会を通して見えてきた課題

という事でここでは大きく2つの課題と対策をご説明したいと思います

その①作品全体のルール(大目的)を明確化しよう

「世界観」「人物設定」は非常に良く作られていて、着眼点も実に面白いけれど作品全体を見た時に「主人公が最終的に何をする物語」なのかが明確化されていない、もしくは受け手に分かりやすくなっていないというのが課題としては多い印象です。自分が生み出した愛するキャラクターの魅力を他の人にも伝える為には、前提としての作品全体のルールを最短で理解させる必要性があります。例を挙げると以下の様な感じ。

 

例①:「皇歴2010年8月10日。神聖ブリタニア帝国は、日本に宣戦布告した。極東で中立をうたう島国と、世界唯一の超大国ブリタニア。両者の間には、日本の地下資源を巡る、根深い外交上の対立があった…(略)」

コードギアス冒頭のナレーションです。そうか!良くわからないけどブリタニアを倒すのが目的なんだな→え?何これ?ルルーシュかっこよくない?というわけです。

例②:「ユーリ!!! on ICE」第一話Aパートでのちびキャラで登場したか勝生勇利による「グランプリシリーズと自分が現在おかれている状況の説明」

→なるほどこの主人公がスランプを脱してグランプリシリーズを勝ち抜いていく話なんだな!→え?何これ?ヴィクトル・ニキフォロフかっこいよ過ぎじゃない?というわけです。

 

 すいません…ちょっと思考に若干の偏りがありますが、キャラクターを気に入ってもらう為には作品全体のルール理解(ゲームで言うとチュートリアル)をなるべく分かりやすく明確化してあげる事が大切です。その為には前提としてルール(大目的)自体を設定してあげる事が非常に重要です。群像劇としては書けるんだけど途中で行き詰まってしまうという人は今一度作品全体の「ルール」を見返してみてください!

 

その②好きな要素こそ整合性や必然性を疑ってみよう

 今回、色んなところで「“好き”を形にして行きましょう!」というメッセージをお伝えさせていただいておりますが、それを更に作品の魅力として高めていく為に是非やっていただきたい内容です。例を挙げると以下の様な感じ。

 

例:俺はとにかくメイド服が大好き!ヒロインはメイド服を着ためっちゃ可愛い女の子以外に考えられない!

Q.ヒロインがメイド服である必然性は?

A.戦闘型アンドロイドであるが、その素性を隠すために主人公のメイドという設定である。また、情報収集の為に政府高官や重要人物の屋敷に潜入することが作品の中で多く登場する為、様々なデザインのメイド服を着る必要性がある。メイド服といっても強化素材で作られており、防刃・防弾で更にメイド服の形状を活かす形で様々な武器を仕込むことが出来るのだ。そして戦闘時にはメイド服は瞬時に形状を変化させサイバー風の戦闘服へと変化するので、シリアスな作品でも絵的に阻害することはないのだ!

Q.めっちゃ可愛いの定義は?

A.学習型AIが搭載されたアンドロイドである為、主人公の好みや行動によって、最も好ましい性格に最適化されていく。主人公は、割と受け身で無口且つ非常に知性もある人物な為、積極的に歩み寄っていく事が必要があり、更には会話劇としてのメリハリをつけるためにコメディ要素(ボケ)が必要であると考える。とにかく明るく、活発で、適度にボケ感もあるのが本作のヒロインに於ける最適な可愛さである!

→それを踏まえると「メイド服をベースにした極めて戦闘力の高いバトルスーツ」を着た「とにかく明るくボケれる愛想の良い可愛いアンドロイド」がヒロインの作品となる

 

すいません、これまたちょっと偏りのある例を出してしまいました。作品に対して自分が「好きな要素」っていくつかあるはずですよね。その「好き」についての整合性や必然性を自問自答して、それを解決できた瞬間にその「好き」は作品にとっての強い武器になっていくと思います。逆に解決できないと作品の中でその要素だけ浮いてしまっている…なんて事も起こりがちです。是非一度、やってみてください!

 

という事でいかがだったでしょうか?少しでも作品作りの参考になれば幸いでございます。

さて、最後に持ち込み会で僕が使用させていただいているチェックリストを公開させていただきます。このリストをベースに作品についてご質問しながら、作品のブラッシュアップを一緒にさせていただいております。是非、ご自身の作品について整理したい時にご活用いただければと思います!

 

 

f:id:project-anima:20180305225754j:plain

Project ANIMA第三弾募集は「キッズ・ゲームアニメ部門」に決定!

Project ANIMA総合プロデューサーの上町裕介(かみまちゆうすけ)です。

DeNA、創通、文化放送MBSの4社によるアニメ原案募集プロジェクト「Project ANIMA」につきまして、現在募集中の第一弾「SF・ロボットアニメ部門」、5月から募集開始の「異世界・ファンタジー部門」に続く第三弾の募集テーマ(制作:動画工房)がこの度決定いたしました。第三弾の募集テーマは―

「キッズ・ゲームアニメ部門」です!

第三弾の募集テーマについては、アニメだけでなくゲームや玩具・グッズ展開など広く作品を広めていく事を視野に入れつつ、同時に幅広いジャンル・形式での参加が可能な内容として決定させていただきました。

募集テーマの定義ですが、「キッズ」とは「小中学生」をターゲットとした作品全般を意味しており、「ゲームアニメ」についてはゲーム化アニメ化がしやすい作品性を意味しております。

「異能バトル」「戦隊ヒーロー」「魔法少女モノ」「アイドルモノ」など様々な作品の応募が可能でございます。もちろん第一弾、第二弾で応募した作品を再度応募したり、アレンジして出し直すといった事も可能です。

また、ゲーム企画として応募したいという声も多くいただいており、応募受付の方法については別途検討していこうと思っております。

現在募集中の第一弾「SF・ロボットアニメ部門(制作:サテライト)」、5月から募集開始となる「異世界・ファンタジー部門(制作:J.C.STAFF)」と合わせて是非皆様のご応募をお待ち申し上げております。

f:id:project-anima:20180201111442p:plain

 

◆Project ANIMA公式サイト◆

https://project-anima.jp

◆Project ANIMA公式Twitter

@ANIMA_info

クリエイター向け説明会/持ち込み会(2018年3月)

Project ANIMAでは、より多くの方にプロジェクトに挑戦していただくために、定期的に「クリエイター向け説明会」や「持ち込み会」を開催しています。

「応募したいけど、小説もマンガも書いたことがない」「アイディアはあるけど、どうやって形にしていいかわからない」「昔書いたこの作品でも応募可能?」など、クリエイターの皆さまがお持ちの疑問に、総合Pの上町・宣伝Pの有田が直接お答えします。

 

また、作品をお持ち込みいただいた方には、Project ANIMAプロデューサー、および「エブリスタ」「マンガボックス」の現役編集者が、直接アドバイスをします。参加資格は「Project ANIMAに興味がある方」で、かつ「まだ説明会/持ち込み会に参加されたことのない方」。まだ応募を迷っている段階でも構いません。お気軽に遊びにきてください。

 

3月は、都内1か所に加え、福岡、大阪でも開催予定です。事前予約が必要なものもありますので、ご興味のある方は以下を熟読の上ご参加ください!

 

代々木アニメーション学院×Project ANIMA 出張持ち込み会@福岡

Project ANIMAが代々木アニメーション学院さんの協力を得て、全国のクリエイターさんに会いにいきます! まずは代アニ福岡校から。当日は上町Pの特別講義もあるとか……!?

  • 日時:2018年3月4日(日) 14:00‐16:00
  • 場所:代々木アニメーション学院 福岡校(福岡市博多区博多駅前 4-14-15) 
  • 予約:要事前予約
  • 予約方法:表題に「Project ANIMA持ち込み会:福岡参加希望」、本文に①お名前、②どの選考で応募予定か(小説/脚本/マンガ/企画書/イラスト/動画)、③創作上の悩みや当日聞きたいこと の3点を明記の上、anima@joqr-event.com までご連絡ください。

 

Project ANIMAクリエイター向け説明会/持ち込み会 #2

事務局主催の持ち込み会です。改めてProject ANIMAの開催概要をご説明するとともに、皆さまからの質問や疑問点にも可能な範囲でお答えします。説明会終了後、作品をお持ちの方は、現役編集者・プロデューサーが個別にアドバイスをします。

  • 日時:2018年3月17日(土)13:00~16:00
  • 場所:渋谷駅近辺(ご予約完了後、個別にご案内します)
  • 予約:要事前予約
  • 詳細:Peatixから確認の上、お申込みください

 

代々木アニメーション学院×Project ANIMA 出張持ち込み会@大阪

  • 日時:2018年3月18日(日) 14:00‐16:00
  • 場所:代々木アニメーション学院 大阪校(大阪市北区紅梅町2-8)
  • 予約:要事前予約
  • 予約方法:表題に「Project ANIMA持ち込み会:大阪参加希望」、本文に①お名前、②どの選考で応募予定か(小説/脚本/マンガ/企画書/イラスト/動画)、③創作上の悩みや当日聞きたいこと の3点を明記の上、anima@joqr-event.com までご連絡ください。

Project ANIMAにMBSの参画が決定

Project ANIMA宣伝プロデューサーの有田です。

Project ANIMAは、これまでDeNA・創通・文化放送の三社と、各選考を担うスタジオさんが中心になってプロジェクトを進めてきましたが、ここに新たに毎日放送MBS)さんが参画することになりました!

アニメファンの皆さまには、あの作品とかあの作品とかあの作品……(*各位、任意のアニメを入れてください)でお馴染みの放送局さんですね。

 

今回、「2020年代のアニメファンに捧ぐオリジナル作品を創出し、その過程で次世代を代表するようなアニメ作家を発掘する」というProject ANIMAの理念に共感し、参画を決めていただきました。

本プロジェクトがより多くのクリエイター・アニメファンに周知され、応募に意欲を持っていただけるように、そしてアニメーションが完成した後には、放送を通じて沢山の視聴者に作品が届けられるように、メディアとして役割を果たしていただきます。

 

また、本日3月2日(金)からは、「真夜中のラジオ文芸部」部長でもおなじみの!豊永利行さんがナレーションをつとめる、「Project ANIMA」告知動画がMBSにて解禁されます。

DeNA、創通、文化放送毎日放送の四社は「Project ANIMA」を通じて、世界に通用するようなクオリティの高い日本アニメの継続的な創出をめざし、2019年~2020年の放送期を照準に、いっそう具体的にプロジェクトを進めていきます。

 

……が、それもこれもすべては、まずは素晴らしい「原作」があってのこと。

サテライトさんが最終審査・制作を行う第一弾「SF・ロボットアニメ部門」の応募受付は4月15日(日)まで。まだあと1か月半あります!

プロット、マンガのネーム、企画書でも応募OK。引き続き、たくさんのご応募をお待ちしております。

「Project ANIMA×代々木アニメーション学院」全国で持ち込み会を開催します

Project ANIMA 宣伝プロデューサーの有田です。

昨日、渋谷で開催された「Project ANIMAクリエイター向け説明会/持ち込み会 #1」にご参加いただいた皆さま、どうもありがとうございました!

参加者約50名中、40名弱の方に作品をお持ち込みいただき、スタッフもフル稼働で作品コメントをさせていただきました。中には夕方までお待ちいただいたクリエイターさんも……。

今回の反省点はオペレーションに反映させながら、引き続き持ち込み会は定期開催していきたいと思います。

 

「とは言っても開催って全部東京でしょ……」と思った地方民のあなた!に、今日はお知らせしたいニュースです。

 

f:id:project-anima:20180226193324p:plain

 

代々木アニメーション学院さんとのコラボで、この春、福岡・大阪・札幌・広島の各校で「出張持ち込み会」の開催が決定しました!

改めてProject ANIMAの概要をご説明するとともに、皆さまからの質問や疑問点にも可能な範囲でお答えします。説明会終了後、作品をお持ちの方は、プロデューサーが個別にアドバイスをします。

概要は以下の通りです。本日から受付開始しておりますので、応募を検討中のクリエイターさんはぜひご熟読の上、メールにてお申込みください。

代々木アニメーション学院×Project ANIMA 出張持ち込み会@福岡
  • 日時:2018年3月4日(日) 14:00‐16:00
  • 場所:代々木アニメーション学院 福岡校(福岡市博多区博多駅前 4-14-15) 
  • 予約:要事前予約
  • 予約方法:表題に「Project ANIMA持ち込み会:福岡参加希望」、本文に①お名前、②どの選考で応募予定か(小説/脚本/マンガ/企画書/イラスト/動画)、③創作上の悩みや当日聞きたいこと の3点を明記の上、anima@joqr-event.com までご連絡ください。
代々木アニメーション学院×Project ANIMA 出張持ち込み会@大阪
  • 日時:2018年3月18日(日) 14:00‐16:00
  • 場所:代々木アニメーション学院 大阪校(大阪市北区紅梅町2-8)
  • 予約:要事前予約
  • 予約方法:表題に「Project ANIMA持ち込み会:大阪参加希望」、本文に①お名前、②どの選考で応募予定か(小説/脚本/マンガ/企画書/イラスト/動画)、③創作上の悩みや当日聞きたいこと の3点を明記の上、anima@joqr-event.com までご連絡ください。
代々木アニメーション学院×Project ANIMA 出張持ち込み会@札幌
  • 日時:2018年4月1日(日) 14:00‐16:00
  • 場所:代々木アニメーション学院 札幌校(札幌市中央区南三条西6-3-2)
  • 予約:要事前予約
  • 予約方法:表題に「Project ANIMA持ち込み会:札幌参加希望」、本文に①お名前、②どの選考で応募予定か(小説/脚本/マンガ/企画書/イラスト/動画)、③創作上の悩みや当日聞きたいこと の3点を明記の上、anima@joqr-event.com までご連絡ください。
代々木アニメーション学院×Project ANIMA 出張持ち込み会@広島
  • 日時:2018年5月6日(日) 14:00‐16:00
  • 場所:代々木アニメーション学院 広島校(広島市中区胡町4-28)
  • 予約:要事前予約
  • 予約方法:表題に「Project ANIMA持ち込み会:広島参加希望」、本文に①お名前、②どの選考で応募予定か(小説/脚本/マンガ/企画書/イラスト/動画)、③創作上の悩みや当日聞きたいこと の3点を明記の上、anima@joqr-event.com までご連絡ください。

 

たくさんのご参加お待ちしております!

やってみよう!世界観設定!

Project ANIMAプロデューサーの上町裕介(かみまちゆうすけ)です。

前回のブログ「企画書ってどんなことを書けばいいですか?」をご覧いただきありがとうございました。「企画書」って聞くとちょっと小難しくて楽しく無さそうな印象かもしれませんが、創作の一つの形として楽しんで表現してもらえたら幸いです。

 

さて今回は、もう少し作品に寄った話として「世界観設定」についてお話出来ればと思います。「世界観」って言ってもすごい抽象的で掴みどころのない物のような感じがしますが、その世界を形作る要素をある程度絞ってみると、何をまとめたら良いかが案外見えてきたりします。という事で試しに要素を絞って世界観設定をやってみましょう!

 

妄想のアウトプット!世界観を形作る要素とは―

いきなり「世界を想像して創造する」なんて…もはや神の所業なので、いくつか要素を絞って世界を作ってみると良いのでは?という事で、簡単に要素をまとめてみました!

 

時代:時代はいつで、現実世界との繋がりはある時代か

(例)第二次世界大戦の結末が異なる、1945年から分岐したもう一つの2020年…とか

 

政治:その世界はどのような国があり、どのような君主がいて、社会が構築せれているか

(例)欧米を中心としたアメリカ連合とイギリスを中心としたヨーロッパ連合と中国を中心としたアジア連合の3つの連合国に分かれており、厳格な階級社会が構築されている…とか

 

経済:経済構造はどのようなものか、どのような通貨が流通しているか

(例)政府機能は既に失われ民間企業が政治・行政・司法を運用する社会の中で、貧困は解消されたが、独占企業による独裁に近い社会が構築されている。従来の通貨は廃止され、企業が発行した仮想通貨が流通している…みたいな

 

テクノロジー:どの程度の技術レベルで、どのようなエネルギーが用いられているか

(例)反重力物質の研究が飛躍的に進歩しており、それらを活用したリパルサーリフトなど新たな動力源が実用レベルに達している…的な

 

文化:「音楽」、「芸術」、「ファッション」などはどうなっているか

(例)感情を揺るがすものは悪とされ、あらゆる「エンターテインメント」が禁じられた世界…みたいな

 

交易:国同士の交易はどのように行われているか

(例)3つの国はそれぞれ完全に”鎖国”状態にあるが、政府の目をかいくぐって密輸などが行われている…的な

 

交通:一般的に普及している交通手段はどのようなものか

(例)リパルサーエンジンを活用した飛行可能な車両が既に実用化されており、長距離の移動は、大気圏外を飛行可能な航空機が運用されている…みたいな

 

という感じで、これらの要素をまとめる事でおおよその世界やルールを作り出すことが可能です。例としてSFっぽい設定を書かせていただきましたが、この要素はファンタジー作品にも応用できるものなので是非色んなジャンルで試してみると楽しいですよ!

世界観設定も「創作」の一つ!妄想を是非形にしてみてください!

 

ここで告知!2月25日(日)13時~16時に渋谷某所で持ち込み会を開催します!持ち込み会といっても作品が出来上がってなくても大丈夫!作品の構想があるんだけど聞いて欲しい!とか「世界観設定」やってみたんだけど見て欲しい!とか是非気軽に参加してください!

参加費無料ですが事前登録が必要なので下記から登録してください!

Project ANIMAクリエイター向け説明会/持ち込み会 #1 | Peatix

 

お会い出来るのを楽しみにしております!

企画書ってどんなものを書けばいいの?

Project ANIMA総合プロデューサーの上町裕介(かみまちゆうすけ)です。

本プロジェクトでは様々な形式の応募が可能となっておりますが、

特に特徴的なのが「企画書」となっております。

いただくご質問の中にも「企画書ってどんなものを書けばいいの?」という質問も

沢山ありましたのでここでは“企画書の書き方”についてお伝えできればと思います。

 

コンテンツ向け企画書で抑えておきたい要素!

僕も仕事柄「アニメ」や「ゲーム」の企画書を書く機会が非常に多いのですが

書き始める前に一旦何を書くか要素をまとめておくと書きやすいです。

ザックリ抑えておきたいのは以下のような内容です。

 

・ターゲット:この作品を求めているお客さんはどんな人達?

・ニーズ:ターゲットのお客さんはどんなものを“強く”求めている?

・概要:ニーズに対してどんな企画を提供する?

・コンセプト:概要を一言で言い表すとどんな感じ?

・世界観:じゃあ実際にそれらを世界観で表現してみよう!

・登場人物:主人公やそれを取り巻く人達を考えてみよう!

・あらすじ:あらすじをまとめてみよう!

・その他:まだまだアピールし足りない!って人は思いをぶつけよう!

 

だいぶシンプルにまとめてみましたが、僕は上記をベースに中身を埋めていって

表紙含めて6~7ページぐらいにまとめる事が多いですね。

※実務だとこれに予算とか回収想定とか事業としての展開案とか小難しい要素が要素が追加されていきますが…今回はそういうのはいらないです!

では、それぞれの要素を細かく見ていきましょう。

 

コンテンツ向け企画書実際に書いてみよう!

・ターゲット:この作品を求めているお客さんはどんな人達?

 ターゲットというと何だか商業的な感じがして創作するうえで何だか抵抗あるなあと

思われる方もいるかもしれませんが…

この企画を楽しんでくれるお客さん(ファン)の為により楽しめる企画にしよう!

という考え方は作品をブラッシュアップしていくうえで大事だったりもします!

ここではどんなお客さんに届けたいのかを想像して書いてみましょう!

・ニーズ:ターゲットのお客さんはどんなものを“強く”求めている?

 続いてファン(お客さん)がこの企画で強く求めているモノを想像してみましょう!

 「ヒロインがとにかく可愛い事」なのかもしれませんし、「めちゃくちゃリアルな

 戦闘描写」が求められているのかもしれません。

 例えば自分の好きな作品を一つ挙げてその作品のどこに惹かれているかを考えて

 みるとその作品におけるその作品のファンのニーズが読み解けるかもしれません。

・概要:ニーズに対してどんな企画を提供する?

 ニーズが見えたら今度は、それに対してどんな企画を展開したら良いかを

 考えてみましょう。例えば「めちゃくちゃリアルな戦闘描写」が求められている

 なら「実在する兵器とオリジナルのSFメカが実際に存在する都市を戦場で戦う

 しかも孫子の兵法をベースして」とかとか…(このアイデア差し上げますね!)

 ニーズを軸にして概要をまとめると説得力が出るのでオススメです

・コンセプト:概要を一言で言い表すとどんな感じ?

  概要を更に分かりやすく一言で整理できると、作品全体を直感的に

 伝えられるようになります。さっきの例を一言で表すと…

 「ミリタリー好きに捧げる架空メカと現用兵器による超リアルな戦闘を描いた

  本格ミリタリーSF!!」といった感じですかね。

  (もっと語彙力があればバシッと!一言で言い表せます)

・世界観:じゃあ実際にそれらを世界観で表現してみよう!

 どういう世界で展開される物語なのかを表現するコーナーです。

 「政治」「宗教」「通貨」「法律」「テクノロジー」など凝り始めたら

 キリがなく…僕が今まで見た世界観資料と呼ばれるものの中には、

 学校の校舎を建築模型で作られたものまでありました。

 ただ今回は表現したい範囲内でまとめていただければ大丈夫です!

・登場人物:主人公やそれを取り巻く人達を考えてみよう!

 作品を愛してもらう為に最も重要なのが登場人物達の存在です。

 特に主人公は、ファン(お客さん)が感情移入しやしようなキャラクター感が

 好まれる傾向にあります。

 ゲームだと主人公を自分で操作するという仕組み上、感情移入しやすかったり

 しますが、アニメやマンガや小説などは第三者視点から観察するような構造なので

 感情移入のしやすさは作品にグッと入り込む重要な要素だと言えますね。

 キャラクターの作り方はまた別のブログでご紹介したいと思います!

・あらすじ:あらすじをまとめてみよう!

 作品全体のシナリオをまとめるコーナーです。

 一般的には「起承転結」という言葉で言い表されていますが、もっとシンプルに

 すると「目的」と「手段」を設定するだけでも物語の骨子は完成すると思います。

 例えば「目的:両親を殺した憎き相手に復讐をする」「手段:孫子の兵法を応用し

 ゲリラ戦を仕掛け、“知恵”で強大な敵を倒す」みたいな感じでしょうか。

 さっきからミリタリー趣味全開じゃないかって?

 いいんです!まずは好きなものを趣味全開で企画すれば! 

 

といった感じで…まとめると何となくそれぞれの要素に一本筋が通った感じが

出てくると思います。企画へのアプローチもまず「ターゲット」から入っても

良いですし、僕のように「好きなもの(ミリタリー趣味)」から

「ターゲット」を設定してその他の要素に入っていくみたいなアプローチもあるので

試しにどんどん企画を出してみましょう!

 

ただ上記で示した企画書の書き方は割とプロデューサーやプランナー的な

アプローチの一つなので「企画書」として仕上げてみたい人は参考にしていただき…

「絵とあらすじと世界観」だけ!とか「アイデアだけ見てくれ!」

というのも全然ありなので是非自由に表現してもらえばと思います。

 

かつてボツにした企画書…パソコンに眠ってませんか?

皆様のアイデアお待ちしております!